評判のTECROWD(テクラウド)は元本割れゼロで全て儲かったのか不動産投資法人が調査

不動産クラウドファンディング

高い利回りが期待できるTECROWDの評判や口コミが気になっている方も多いのではないでしょうか。

「海外不動産は危険って本当?」

「投資をして損をした人はいない?」

利回りは高いけれど本当に安全?

という不安な点についても詳しく解説していくので、これからTECROWDで投資を考えている方は参考にしてみてくださいね。

『想定利回り8%以上の「TECROWD」がおすすめ』

  • 海外不動産(新興国)と国内のファンドに投資ができる
  • 平均利回り8.0%以上の高水準
  • 安心の優先劣後システムで投資家のリスクを最大限抑えられる
  • 元本割れゼロで実績豊富な大人気の不動産クラウドファンディングサービス

\最新ファンド公開中!/

  1. TECROWD(テクラウド)は過去元本割れゼロで全て儲かっている実績
    1. TECROWD(テクラウド)の累計募集額60億円(全て儲かった実績)
    2. TECROWD(テクラウド)の累計募集ファンド40個(元本割れゼロ)
  2. TECROWD(テクラウド)に悪い評判や口コミがないか調査結果
    1. TECROWD(テクラウド)に詐欺や怪しいといった評判口コミなし
      1. 実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判①
      2. 実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判②
      3. 実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判③
      4. 実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判④
      5. 実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑤
      6. 実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑥
    2. TECROWD(テクラウド)はポンジ・スキームではない
      1. 実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑦
      2. 実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑧
      3. 実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑨
      4. 実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑩
  3. 評判のTECROWD(テクラウド)の不動産投資のメリット・特徴
    1. TECROWD(テクラウド)は海外の不動産に投資できるメリット
    2. TECROWD(テクラウド)は運営会社が現地の事情に詳しい
  4. 評判のTECROWD(テクラウド)はリスクやデメリットだらけで危ないって本当?
    1. TECROWD(テクラウド)は人気すぎて完売するスピードが早い
  5. TECROWD(テクラウド)の仕組みと概要を3ステップでわかりやすく解説
    1. TECROWD(テクラウド)の仕組み・概要①運営会社が物件を取得
    2. TECROWD(テクラウド)の仕組み・概要②運営会社による安全性の高い運用と管理
    3. TECROWD(テクラウド)の仕組み・概要③運営会社から投資家に利益を分配
  6. TECROWD(テクラウド)の会員登録の手順を画像付きで紹介
  7. TECROWD(テクラウド)は「高い利回りを期待したい方」におすすめ!
  8. TECROWD(テクラウド)の最新ファンド情報【2023年2月】
  9. TECROWD(テクラウド)の最新キャンペーン情報【2023年2月】
  10. TECROWD(テクラウド)で20万円以上儲かった人は確定申告が必要
  11. TECROWD(テクラウド)のよくある質問
    1. TECROWD(テクラウド)の手数料はいくらかかる?
    2. TECROWD(テクラウド)の優先劣後の比率はどれくらい?
    3. TECROWD(テクラウド)の税金の扱いはどうなる?
    4. TECROWD(テクラウド)はポイントサイト経由で登録できる?
  12. TECROWD(テクラウド)の運営会社
    1. TECRA株式会社の会社概要
  13. 評判のTECROWD(テクラウド)まとめ

TECROWD(テクラウド)は過去元本割れゼロで全て儲かっている実績

TECROWDでは、過去に元本割れをしたという事実はありません。

TECROWDに限らず、不動産クラウドファンディングでは元本保証が禁止されています。

リスクを少しでも下げるためには過去に元本割れがあるサービスであれば出資は避けるべきでしょう。

しかし、TECROWDでは優先劣後システムを導入しているので、投資家の損失は最大限抑えられる仕組みになっている安全性が高いサービスと言えます。

TECROWD(テクラウド)の累計募集額60億円(全て儲かった実績)

TECROWDの累計募集額は60億を突破しています。(2023年2月時点)

過去に募集されたファンドに出資をした投資家は全員儲かっているので、安全性が高いファンドと言えるでしょう。

また、1件あたり募集金額が5億円を超えるファンドもあるので、出資できるチャンスが多いのもTECROWDの魅力です。

TECROWD(テクラウド)の累計募集ファンド40個(元本割れゼロ)

TECROWDの累計ファンドは40個です。(2023年3月時点)

日本だけではなく海外の物件の取り扱いも多いので、海外不動産に興味のある方にもおすすめですよ。

1ヶ月に1〜2回程度、新規のファンド募集がおこなわれることが多いのでぜひチェックしてみてくださいね。

TECROWD(テクラウド)に悪い評判や口コミがないか調査結果

TECROWDは利回りが高く、これから投資を検討している方も多いのではないでしょうか。

実際にTECROWDに投資をした方の評判や口コミを徹底的リサーチしているので参考にしてみください。

TECROWD(テクラウド)に詐欺や怪しいといった評判口コミなし

TECROWDは高い利回りが期待できる反面、詐欺や怪しいサービスではないか不安に思う方もいますよね。

結論として、「詐欺」や「怪しい」といった評判や口コミは見つかりませんでした。

実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判①

実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判②

実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判③

実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判④

実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑤

実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑥

実際に投資をした方たちの評判や口コミを見ると、非常に人気のあるサービスということが分かりますよね。

先着順のファンドは、すぐに完売してしまうほど人気が高いので、確実に出資をしたいのであれば定期的にファンド情報をチェックしておくと良いでしょう。

TECROWD(テクラウド)はポンジ・スキームではない

TECROWDは、想定利回りが8.0%以上となっているためポンジ・スキームではないかと疑われてしまうこともあるようです。

しかし、ポンジ・スキームという事実はないので必要以上に不安に思う必要はないでしょう。

実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑦

実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑧

実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑨

実際にTECROWD(テクラウド)に投資をしている人のTwitter評判⑩

『想定利回り8%以上の「TECROWD」がおすすめ』

  • 海外不動産(新興国)と国内のファンドに投資ができる
  • 平均利回り8.0%以上の高水準
  • 安心の優先劣後システムで投資家のリスクを最大限抑えられる
  • 元本割れゼロで実績豊富な大人気の不動産クラウドファンディングサービス

\最新ファンド公開中!/

評判のTECROWD(テクラウド)の不動産投資のメリット・特徴

続いて、TECROWDのメリットと特徴について解説していきます。

これからTECROWDに投資を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

TECROWD(テクラウド)は海外の不動産に投資できるメリット

TECROWDは、海外の不動産に投資ができます。

経済発展の著しい新興国のオフィスビルやレジデンスを中心とした物件の取り扱いが多いので、高い利回りが期待できることも特徴の一つです。

また、海外だけではなく日本の不動産にも出資したい方にもおすすめですよ。

過去に募集された日本のファンドでは、想定利回りが11%を超えるものもありました。

海外と日本のどちらの不動産も取り扱いがあるので、好みに合わせて投資ができるのが嬉しいですね。

TECROWD(テクラウド)は運営会社が現地の事情に詳しい

TECROWDのファンドの組成や運営はTECRA株式会社がおこなっています。

TECRA株式会社のグループ企業であるインベスコアグループは、モンゴルで金融業や不動産開発業をおこなっているので、現地の事情にも詳しく投資家にとってメリットと言えますよね。

さらに、イタリアの国際的格付機関である「MFR Rating Committee」から「A-High」という非常に高い格付けを取得しています。

現地の事情に詳しいグループ企業に属しているので、投資家のリスクも限りなく抑えられるでしょう。

評判のTECROWD(テクラウド)はリスクやデメリットだらけで危ないって本当?

TECROWDは、高い利回りであることから危ないサービスではないのか疑っている方もいるのではないでしょうか。

結論、安全性が高いサービスですし、危ないという根拠は一切ありませんでした。

実際に投資をしている方の評判や口コミを確認しても、デメリットやリスクについて不安を感じている人は見つからなかったので安心してくださいね。

TECROWD(テクラウド)は人気すぎて完売するスピードが早い

TECROWDは、非常に人気のサービスで「先着順」のファンドを募集していることが多いですよね。

人気がゆえに、すぐに完売してしまうので募集開始時間に申し込みをしないと、完売になってしまい出資ができないというケースもあるようです。

ファンドの募集開始時間に申し込みができない方にとっては完売するスピードが早いことをデメリットと感じてしまうかもしれませんね。

確実に出資をしたいのであれば、募集開始時間に申し込みをするようにしてみてください。

TECROWDの公式サイトを見る

TECROWD(テクラウド)の仕組みと概要を3ステップでわかりやすく解説

TECROWDの仕組みと概要を3ステップで紹介していきます。

それぞれ詳しく紹介してくので参考にしてみてくださいね。

TECROWD(テクラウド)の仕組み・概要①運営会社が物件を取得

複数の投資家から出資を受けた金銭で、運営会社のTECRA株式会社が物件を取得します。

ファンドの組成も海外不動産に強いTECRA株式会社がおこなっています。

また、TECROWDでは不動産特定共同事業法に基づき、透明性を確保されたサービスを提供しているので、安心して投資を始められるでしょう。

TECROWD(テクラウド)の仕組み・概要②運営会社による安全性の高い運用と管理

TECROWDは、高い国際的格付を取得しているインベスコアグループがファンドの運営をしています。

インベスコアグループはモンゴルにある企業で、現地の事情や情勢についても詳しい企業が運営しているので海外不動産に興味がある方にもおすすめです。

過去に募集したファンドは全て儲かっていますが、優先劣後システムを採用しているため万が一、対象不動産の価値が下落しても劣後出資分から負担されます。

投資家にとって下落リスクも抑えられた仕組みになっているので、非常に安全性が高いサービスと言えるでしょう。

TECROWD(テクラウド)の仕組み・概要③運営会社から投資家に利益を分配

投資家は、ファンドへの申し込みと入金をするだけで、運用は全てTECROWDに任せられます。

TECROWDが運用期間中に得た賃料収入や売却時の利益を投資家に分配するという仕組みです。

ほったらかしで高い利回りが期待できるので、不動産クラウドファンディングが初心者の方にもおすすめですよ。

TECROWD(テクラウド)の会員登録の手順を画像付きで紹介

TECEOWDの登録手順を画像付きで紹介していきます。

1.「今すぐ会員登録してみる」をクリック

2.メールアドレスとパスワードを入力して「STEP2へ進む」をクリック

3.こちらの画面が出てきたら登録したメールを確認

4.届いたメールの「会員ログイン専用URL」をクリック

5.メールアドレスとパスワードを確認して「ログイン・STEP2へ」をクリック

6.投資家情報を入力して「STEP4へ」をクリック

7.本人確認方法を選択

8.確認書類をアップロードして「申請する」をクリック

(※今回は「書類アップロード&転送不要ハガキ受取」の手順を紹介しています。)

9.こちらの画面になったら申請完了

TECROWD(テクラウド)は「高い利回りを期待したい方」におすすめ!

ここまでお伝えしてきた通り、TECROWDは総合的におすすすめできる評判の良い不動産クラウドファンディングです。

国内外のファンドに投資ができるTECROWDの最大の特徴は、利回りの高さと言えるでしょう。

過去に募集されていたファンドでは、実績利回りが想定利回りを下回ったことはありません。

償還済のファンドである「TECROWD27号ファンドWhite House in Chaikina」は、当初の想定利回りは「10.50%」でしたが、実績利回りが「11.90%」になりました。

今後も安定した高い利回りが期待できるので、利回りを重視する方はぜひTECROWDで投資をしてみてくださいね。

TECROWD(テクラウド)の最新ファンド情報【2023年2月】

続いて、TECROWDの最新ファンド情報を紹介していきます。(2023年2月時点)

ファンド名 TECROWD40号ファンド THE NOVUM Kaisenova
想定利回り 9.00%
募集金額 400,000,000円
募集期間 2023年2月3日〜2023年2月28日
運用期間 12ヶ月
最低投資金額 100,000円
劣後出資比率 20%
国・エリア カザフスタン/アルマティ

(先着順のファンドとなっており、募集は既に終了しています。)

近日中に海外不動産の大型ファンドが募集される予定なので、詳細が分かり次第こちらで紹介していきます。

TECROWD(テクラウド)の最新キャンペーン情報【2023年2月】

TECROWDでは、現在キャンペーンは行われていません。(2023年2月時点)

直近では、初めてTECROWDで投資をした方向けに「お年玉キャンペーン」が実施されていました。

対象ファンドに投資をすると、Amazonギフト券3,000円分がもらえるというお得なキャンペーン内容となっていました。

TECROWDは、定期的にキャンペーンを実施しているので、こまめにチェックしておくと良いでしょう。

新しいキャンペーンが開始され次第、こちらでも紹介していきます。

TECROWD(テクラウド)で20万円以上儲かった人は確定申告が必要

TECROWDで20万円以上儲かっている人は、必ず確定申告をしましょう。

不動産クラウドファンディングの分配金は「雑所得」として課税の対象になるため確定申告が必要になります。

  • TECROWDで20万円以上の分配金を得た人
  • TECROWDとその他の雑所得の合計が20万円以上になる人

TRCROWDの分配金が20万円以下の場合であっても、その他の雑所得との合計が20万円を超えるようであれば確定申告をしなければいけません。

自分はいくら儲かっているのかを事前に把握しておくことで、スムーズに確定申告ができますよ。

(参考)不動産クラウドファンディングはなぜ失敗しない?不動産投資法人がデメリット、リスク、やってみたメリットを徹底比較

TECROWD(テクラウド)のよくある質問

続いて、TECROWDに関するよくある質問をまとめました。

これからTECROWDで投資をする方に向けた疑問や不安を解決していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

TECROWD(テクラウド)の手数料はいくらかかる?

TECROWDでかかる手数料は、投資をする際の入金手数料と分配金を受け取る際の振込手数料のみです。

例えば、会員登録や口座解説、口座維持費などは一切かかりません。

ですので、投資家が負担する手数料が少ないのもTECROWDの魅力と言えるでしょう。

TECROWD(テクラウド)の優先劣後の比率はどれくらい?

TECROWDでは、優先劣後システムを採用している安全性の高いサービスです。

劣後比率は、ファンドによって違いますが10〜30%であることが多いようです。

過去に元本割れしたことはありませんし、優先劣後システムによって投資家の元本が守られているので、初心者の方でも始めやすいサービスです。

TECROWD(テクラウド)の税金の扱いはどうなる?

不動産クラウドファンディングサービスであるTECROWDの分配金は「雑所得」として扱われます。

分配金は、源泉徴収税20.42%を控除した金額が振り込まれるようになっています。

雑所得が年間20万円以上になると、自分で確定申告を行う必要があるので、分配金がいくら支払われているのかをきちんと把握しておくようにしましょう。

TECROWD(テクラウド)はポイントサイト経由で登録できる?

これからTECROWDを始めようと思っている方は、なるべくお得に始めたいと考えている方も多いでしょう。

ポイントサイトを経由してサービスを利用したい方のために調べてみましたが、現在ポイントサイト経由での登録はできないようです。(2023年2月時点)

TECROWDでは定期的にキャンペーンを行っているので、お得にサービスを利用したいという方はいつでもキャンペーンに参加できるように事前に投資家登録を済ませておくことをおすすめします。

TECROWD(テクラウド)の運営会社

TECROWDは、TECRA株式会社が運営する不動産クラウドファンディグです。

国内の建設業や不動産開発だけではなく、新興国のクラウドファンディングも手掛けています。

TECRA株式会社の会社概要

TECRA株式会社の会社概要はこちらです。

会社名 TECRA株式会社
代表者 代表取締役社長 今井 豊和
資本金 1億5,660万円
本社 〒220-6004
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1 クイーンズタワーA4F
電話番号 TEL:045-663-7787 FAX:045-264-9774
免許 建設業許可(特-30)第74708号
宅地建物取引業者免許(4)26122号
不動産特定共同事業許可番号 神奈川県知事 第12号
業務内容 不動産特定共同事業、建築一式工事、土木工事、設計及び監理、海外開発、不動産の売買、賃貸、仲介、管理

評判のTECROWD(テクラウド)まとめ

TECROWDは高い利回りが期待できる海外不動産に出資可能な不動産クラウドファンディングです。
過去には一度も元本割れがなく、投資をした人全員が儲かっていました。

日本の不動産にも投資ができますが、高利回りである海外不動産に興味がある方に特におすすめのサービスと言えるでしょう。

会員登録や手続きは無料で、全てネットで完結するのでぜひチェックしてみてくださいね。

『想定利回り8%以上の「TECROWD」がおすすめ』

  • 海外不動産(新興国)と国内のファンドに投資ができる
  • 平均利回り8.0%以上の高水準
  • 安心の優先劣後システムで投資家のリスクを最大限抑えられる
  • 元本割れゼロで実績豊富な大人気の不動産クラウドファンディングサービス

\最新ファンド公開中!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました